犬が眠った日

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬が眠った日

研究分野は社会学・インターネット上の表現活動。その関係の記事多し

本購入

マンガでわかる統計学

マンガでわかる統計学


以前から、良いと思っていた本。ピアプロの研究で統計学を勉強する必要性が出てきたので、購入。
自分、数学は苦手なんですが、この本でなら理解できた(立ち読みしたとき)。というより、書評を見るとあまり深い話しはしてないようです。だから、理解できたのかも。
お勧めです。

イラスト作者さんのサイト:井上いろは公式サイト

この本を買って思ったこと

この本を買うときに、自分は統計学に関して方法だけを知りたいんだなと思った。なぜそうなるのかという理由の部分は、知りたくない。知っても逆に混乱するだけ。

  1. 私は○○がしたいです
  2. では、□□のデータを集めてください。そして、エクセルに△△と入力してください。出てきたデータは××と読んでください。

単純化すれば、こいうことだけ知りたい。officeとかの使い方で、プログラムがどんな仕組みで動いているのかまでは説明しないのと同じように。
公式なんて知りたくない。公式見ると眠くなる(本には、公式が載っています。なぜそうなるかの説明も)。
でも、この態度ってあまりよくないんだろうな。自分で考えることを止めちゃってるんだから。数学以外なら、自分でなるべく考えるように、「なぜ」を追求するようにしているけど、数学は苦手すぎてそれをしたくない。
もう一回、勉強しなおしてみようかな…

広告を非表示にする

フッタ部分